韓国ヒョースンGT250R トラブル多発?!まともに乗れるのか?!

今から3年前。韓国のバイクメーカーである、ヒョースン社。
そのバイクである、GT250Rを購入しました。
1年ほど乗った中での、評価レビューになります。

そもそも、ヒョースンってなに?

韓国の大手バイクメーカーです。
遥かな昔。スズキと提携していた過去もあります。
日本では、まだまだマイナーで取り扱っている販売店も『レッドバロン』ぐらいしかありません。

レッドバロンへ

GT250Rは、知り合いが先に購入したことが切っ掛けで知りました。
それで、250の割にデカくていいな。と思い買いにレッドバロンに行きました。

購入価格

当時の購入時に貰った資料です。

本体金額 218,000円に諸費用が追加される形になります。
諸費用は、特にカスタムも何もしないということであれば
登録手数料・納車点検料・納車、転送料が加算されるだけになりますので、4万円程度が増えるだけになります。

合計しても、25~26万円程度で乗ることができるようになります。

そもそも250ccは素晴らしい

250ccは、車検がないという点で素晴らしいバイクです。
250ccを超えたバイクには、2年に1回の車検があるためコストがかなりかかります。
125cc以下のバイクであれば、さらに車の保険の特約などで 追加の保険に入る必要が無い場合もあります。
ですが、125ccだと高速道路や一部のバイパス道などの通行が禁止されています。
そのため、安く楽しくバイクに乗るなら250ccが一番ベストです。

購入したGT250R

年式:2010年式
カスタム部位:nojimaマフラー・フェンダーレス

写真がnojimaのマフラーです。
気が付く方は気が付くかもしれませんが、まだフェンダーレス化されていない状態です。
部品を注文してから納品までが長かった為、先にバイクを納品してもらいました。

カスタム:フェンダー

リアフェンダーの装着をしました。
GT250Rのカスタムとして、割と有名なのがドゥカティ・モンスターのリアフェンダーを取り付けするというカスタムです。
オークションサイトで、1万円前後で購入できます。程度によっては更に安く5千円前後でも購入できます。

写真は、自分が5千円前後で写真のカーボンフェンダーを購入したものです。
経年劣化から、だいぶ色あせてしまったとのことで値下げされていました。

色あせて安いなら
磨けばいいんじゃない?
そう思い購入しました。

そして、届いて開封してみると確かに色あせてて薄汚い感じです。
逆に言えば非常に磨きがいのある一品です。

艶々のピカピカです。
耐水ペーパーで粗い番手から細かい番手まで磨き上げて
そこから更に液体コンパウンドで磨き上げる。

手間をかければ新品同様に輝きになります。
それを、取り付けて完成です。

取付するときには、市販の100円もしないような部品を組み合わせて簡単に取り付けすることができます。

トラブル続出?!恐怖のツーリングへ

伊豆スカイラインを目指しての数人でのツーリングです。
けにゃもヘルメットをかぶりバイクに乗ります。

かなりの前傾姿勢になるので、辛いですね。

快適に走れたのは、伊豆スカイラインへ続く一般道をまったり走っている間だけでした。
伊豆スカイラインに入ってからはまとも走ることもできなくなりました…。

酸素不足?

伊豆スカイラインに入り少ししてから、エンジンの調子が悪くなりました。
どうにも、加速がしない?何かパワー感というか、トルク感を感じない?
そんな風に疑問に思っていたところ、エンジンの回転数が上がらなくなったのです。
さて。どういうことだ。
とりあえず、空ぶかしをしてみる。
しかし、まったく回転数が上がらない。…。さっきまで快調に走っていた子なのに。
もう、まったく回転数が上がらず時速で40kmも出ればいいところ。
回しても、回しても。『バスバス。バスバス』とマフラーからは変な排気音。
山道に入ってからだから、酸素不足?
でも、普通はECUとかで調整してるはずでは…?と悩みながらもなんとか完走。

後日、原因というか対策不能というか。理由が分かりました。

山を下れば、下るほどバイクの調子は良くなりました。
最後には、平地に戻ったころにはいつもの元気なバイクに戻っていました。

解決不能・直せない問題

さて、とりあえず原因が分からなかった問題。
帰宅してから考えました。
ECUの不良か、センサー周りの不調かなぁと。
A/Fでも図ろうかなぁとか悩んだのですが、平地だと問題ないから意味ないなと。
それで、レッドバロンに点検にもっていきました。

こんにちはー。すいません、こいつ山行ったら調子悪いんですよ。
赤男爵
いらっしゃいませー。どんな感じですか?
そうですねぇ。吹き上がらないというか、回転数上がらないというか。
これって、O2センサーの状態悪いとか確認できます?

そして、驚愕の一言

赤男爵
この年式のGT、O2センサーないですよ?

そもそも、韓国は日本と違いあまり起伏がないらしいです。
その為、コストダウンもかねてO2センサーはついていないそうです。

O2センサーで、排ガスの空燃比を測定したりするため
これが無いと補正できないのでは…。
昔は、無い部品だから無くてもいいけど…。

と思いつつ、結局 それ以外にも調べては貰ったのですが原因不明。
空燃比関係だとしても、O2センサーがないから対策不能ということでした。

トラブル続出

回転数が3000回転を超えるとエンジンがダウンするというトラブルが発生した時期がありました。
2800回転ぐらいで走れば問題ないのですが、3000回転を超えるとダウン。

お店にもっていき、そのまま入院となりました。

修理になんだかんだで2週間以上かかりました。
お店で検証したところ、トラブルが大量にありました。
・プラグからリークしているので、プラグ関連を交換します。
・同期がずれてるので調整します。
・オイル漏れがあったので、周辺部品を交換します。

GT用の測定器?計測器?がお店になかったらしく
取り寄せするのにも時間がかかり、中々修理ができなかったそうです。

トラブルが多い

購入してから1週間しないで、アイドリングストップ現象がありました。
エンジンが温まってくると、エンジンが止まる。
回転数がある程度あれば、止まらないので信号では少しだけアクセルを開け続けるという状況の維持です。

これも、お店にもっていっても中々治らない現象です。

GT250Rは何故トラブルが多いのか

基本的に、GT250Rが粗悪であるというわけではありません。
エンジンその物は、スズキと提携を結んでいたという過去もあるため悪くはありません。
では、どこが悪いか。
あくまでも、古い年式についてです。
燃費を良くしすぎたことが原因にあります。
燃費を良くするために、燃料の使用量を非常に絞ってあります。
そのため、アイドリングの時などに不足を起こしてストールするという現象が起きることが多くあるそうです。

解決策として、ヒョースンがECUの書き換えを行っていました。
書き換えを行うことで、燃料の使用量が増えトラブルが解決されるそうです。

ちなみに、これを行うと燃費が倍程度悪くなる可能性があるそうです。

今までの燃費が良すぎた為、相応の状況に合わせると今までの半分の燃費になるということです。

GT250Rはお勧めできるのか?

難しいです。
私の乗ってきたGT250Rは非常に調子が悪く、1年ほどで買い替えてしまいました。
ですが、知合いなどのGT250Rは快調に走っているという話も聞きます。

同じ年式でも、当たり外れが正直多いのが GT250R です。

そのため、あたりを引るなら
非常におすすめできるバイクです。

250ccに見合わない大きな車体。実際、600ccと共通フレームなので大きいです。

調子が良いなら、素晴らしいバイクです。

調子が良いなら…。

買う時には、前オーナーがどれだけ乗っていたかなど確認を取れれば、
少しでもいいGT250Rを買えるなら

素晴らしいお勧めできるバイクであると 言えます。

大学卒業と同時に一般企業に就職。
しかし、当時リーマンショックにより就職会社が困窮状態により給料未払いが発生。これにより退職。

そこから、コンビニ経営を開始することになる。3年を経過する頃には、年商3億円を達成することに成功。

その後、コンビニを廃業することとなる。

けにゃについて 詳しくはこちら

けにゃの気になる商品

Kindle Paperwhite マンガモデル、電子書籍リーダー、Wi-Fi 、32GB、ブラック、キャンペーン情報つきモデル
[プロエボ] スーツケース MAX 軽量 小型 フロントオープン 【W-Receipt】 前ポケット スクラッチ/シャンパン-横型 横型S(約31L)
BUNDOK(バンドック) ツーリング テント BDK-17 グリーン 収納ケース付 ドーム型 【1~2人用】
DOD(ディーオーディー) ライダーズバイクインテント 【ツーリング仕様】 ワンタッチ 大きな前室 1-2人用 T2-466
ライジングウェーブ オードトワレ フリー(サンセットピンク) 50mL
Travel Light ラウンジチェア アウトドア 折りたたみ メッシュ 枕付き ドリンクホルダー付き 収納バッグ付き ポータブルチェア
デイトナ(DAYTONA) グリップ PRO-GRIP #601 グレー/クロ 67300
ゆるキャン△ 6巻【Amazon.co.jp限定描き下ろし特典付】 (まんがタイムKRコミックス)