コンビニオーナーは、『人』『物』『金』を管理しよう

コンビニのオーナーっていったい何をしているの?

基本は裏方のオーナー。
これから、オーナーになりたいという方の参考にもなるようまとめてみました。

オーナーは何をしているの?

皆さんが利用されているコンビニですが、そのお店のオーナーが誰かというのは
知らない方が多いのではないでしょうか?
自分は、コンビニ経営を初めてからオーナー同士の繋がりができるまで
何処のお店に、どんなオーナーがいるのかというのを知りませんでした。

さて。オーナーの仕事ですが当然ながら仕事内容は経営です。

では、コンビニの経営とは何をするのでしょうか。
それは、大きく分けて3個の物を管理する事です。

①人の管理
②物の管理
③金の管理

人・物・金を管理する事こそが、オーナーの『経営者』の仕事です。

オーナーと店長って違うの?

基本的に、オーナーと店長というのは別人です。
用語としては、
オーナーはお店の経営者・責任者となり
店長は、お店の責任者となります。

似てますよね?
正直な所、コンビニという業界においては、オーナーと店長というのは大きな違いはありません。
オーナー:旦那
店長:奥さん
このケースが多く、呼び分けているだけで違いはありません。

複数店などになってくると、
オーナーは複数の店の責任者だけど、店長は担当している店だけの責任者
ぐらいには分かれてきます。
また、店長が『やとわれ店長』にならない限りはやはり大きな違いはありません。

オーナーの仕事:人の管理

コンビニを運営していくに当たり、確実に必須となってくること。
それが人の管理です。

コンビニは24時間365日開いています。
スタッフがいなければ、24時間365日働き続けなければなりません。
つまり

仕事を任せられるスタッフを教育していくことが、大切であり
オープン時から如何に早い時期に確率できるかが重要となります。

オーナーの仕事:物の管理

物の管理とは、すなわち発注陳列…は正解であるようで
正解ではないのです。
物の管理とは、商品を如何に攻めるかを決めることです。

商品の発注は、従業員に任せることができます。
商品の陳列も、従業員に任せることができます。

ですが、どの商材を何個、いつ攻めるかを決めれるのは経営者だけです。
そして、攻め方を決めることによって従業員が初めて、発注と陳列をすることができるようになるのです。

物の管理とは、お店の運営方針です。
商品を売る行為をおざなりにしては売上は伸びません。
日々、どの商材をお客さんに買って頂けるようにするか。
その攻め方を決めることこそが経営者の仕事です。
決して、商品発注はオーナーの仕事ではありません。
商品発注に注力していては、1日の大半の時間を費やしてしまいます。
如何に発注を任せられる従業員を作れるか。それこそが人の管理です。
そして、発注を任せられるようになり初めて物の管理である、攻め方が決めれるようになるのです。

オーナーの仕事:金の管理

金の管理。コンビニのお金と聞いて思い浮かぶのは何でしょうか?
レジのお金ではないでしょうか。
確かに、レジの中のお金も大事ですがこの場合のお金の管理とは
運営費つまり、経費の管理になります。
毎月、その月の売上を予想します。
先月の売上や昨年度売上から、大よその予測を立てます。
そうすると、その月の利益を推測することができます。

何故、経営するのか。
それは、オーナーの収入の為です。

つまり、最低限
利益=オーナーの収入+経費
になるように調整しなければなりません。

そして、その経費の中に含まれるのは
人件費・廃棄コストが大きなものと含まれるため
この2つを特に、どうするか。
シフト体制をどうするか。自分は何時から何時で働けばいいのか。
それを決めていく事こそが金の管理となります。

いくら収入が必要とはいえ深夜勤務にオーナーが入るのはお勧めできません。
深夜に入ると、まず確実に生活リズムが乱れます。
そして、その状況下でもコンビニの運営は続きます。休めません。
普段は問題ないでしょう。
ですが、従業員さんの欠勤などが起きた際に睡眠時間をまともにとるこができなくなり
倒れてしまうでしょう。

オーナーって休めるの?

多くのオーナーさんは正直、休めていません。
何故なら、人の管理に失敗しているケースが多すぎるからです。
発注を任せれる人がいなければ、自分で発注をするしかないのです。
シフトを任せられる人がいなければ、自分がいるしかないのです。

人・物・金
この全てを達成できるようになって初めて休日という物を持てるようになります。

私は、休日をとれるようになるまで1年以上の日数を必要としました。

そして、悲しいことに
テレビなどから流れる電話の音に過剰に反応してしまうようになっている時期もありました。
今ではもう問題ありませんが、
携帯の音が回りから聞こえるだけで嫌になり辛すぎる時期もありました。

オーナーとは

オーナーという職業は、忍耐が無ければ続けられません。
しかし、経営をしていけば楽しい面も出てきます。

どの商材を、どれだけ売ろう。どれだけ売ってやろう。
そんな気持ちになれば、楽しく経営をすることもできます。

地区で一番の売上を出してやろう
地区で一番の販売個数を出してやろう

そんな目標を出して頑張り続けることこそが
オーナーの仕事なんだろうなと私は思います。

まとめ

オーナーの仕事は、『人』『物』『金』
この3つの管理から成り立っています。

オーナーとは、管理をすることが仕事です。
売場に出て、接客をするのはオーナーがするべき『管理』の仕事ではありません。

いかに、『管理』という仕事に従事し成果を出すか。
そして、成果を出すことでオーナーの収入・お店の利益が増えていきます。

オーナーの仕事とは、決して『売場で接客』をすることではありません。
『人』『物』『金』この3つの管理こそがオーナーの仕事です。

大学卒業と同時に一般企業に就職。
しかし、当時リーマンショックにより就職会社が困窮状態により給料未払いが発生。これにより退職。

そこから、コンビニ経営を開始することになる。3年を経過する頃には、年商3億円を達成することに成功。

その後、コンビニを廃業することとなる。

けにゃについて 詳しくはこちら

けにゃの気になる商品

Kindle Paperwhite マンガモデル、電子書籍リーダー、Wi-Fi 、32GB、ブラック、キャンペーン情報つきモデル
[プロエボ] スーツケース MAX 軽量 小型 フロントオープン 【W-Receipt】 前ポケット スクラッチ/シャンパン-横型 横型S(約31L)
BUNDOK(バンドック) ツーリング テント BDK-17 グリーン 収納ケース付 ドーム型 【1~2人用】
DOD(ディーオーディー) ライダーズバイクインテント 【ツーリング仕様】 ワンタッチ 大きな前室 1-2人用 T2-466
ライジングウェーブ オードトワレ フリー(サンセットピンク) 50mL
Travel Light ラウンジチェア アウトドア 折りたたみ メッシュ 枕付き ドリンクホルダー付き 収納バッグ付き ポータブルチェア
デイトナ(DAYTONA) グリップ PRO-GRIP #601 グレー/クロ 67300
ゆるキャン△ 6巻【Amazon.co.jp限定描き下ろし特典付】 (まんがタイムKRコミックス)