低日販店のオーナー。どれだけ過酷な生活か。その実態。

オーナーの年収。いくらあると思いますか?
売上を出して稼ぐことは簡単です。そんな中、オーナーの年収は実際にはどのくらいあると思いますか。
低日販店について、事実を書きます。

一般的に言われること

オーナーの月収は日販と同じぐらいと、言われています。
日販80万円なら、月収80万円
日販70万円なら、月収70万円
とかなり稼げているように見えます。
ですが、現実的には日販が70万を超えているようなお店は高日販店と言われています。
低日販店では、少なければ日販が20万円台のお店すら存在しています。
つまり、月収が20万円しかないという事になります。
年収で240万円程度にしかならない計算になります。

ボーナスは無い
当然の事ですが、経営者というのは会社員の時代と違いボーナスがありません。
そのため、収入を会社員の頃と同じ程度にするためには高額な月収が必要となってきます。

低日販店は悲惨?

一つの事実を示します。
低すぎず、高すぎない日販 日販52万円の時の事実です。
手元に日販52万の計算表があるため、事実です。

日販52万円の現実

端数や、一部の数字をカットしています。

総売上(月販) 16,120,000円
売上原価 11,550,000円
本部チャージ(本部の取り分) 2,500,000円

そして、月販-売上原価-本部チャージの残りが、お店としての総収入となります。

総収入 2,070,000円

これが、お店の収入ですがオーナーの収入ではありません。
ここから営業費の支払があります。

人件費 1,080,000円
消耗品費 143,000円
電話料 7,000円
水道光熱費 14,000円
現金過不足(レジ違算金) 10,000円
不良品費(廃棄費) 680,000円
雑費 127,000円

上記が、営業費としてかかってきます。

営業費合計 2,160,000円

お店の収入から、営業費を省いた金額がオーナーの利益として、お店の貯蓄資産として使うことが出来るようになります。

お店の総収入 2,070,000円
営業費合計 2,160,000円
最終利益 -90,000円

1か月働いたオーナーの収入は、9万円の赤字です。
結果、この月はお店の自己資本(貯金)を崩して収入を得ることになりました。

1年間、この状態を継続してしまうと 9 × 12 = 108万円の赤字です。

悲惨な結末。赤字解消の為に

お店の経費で一番かかるのは、人件費です。
そのため人件費の削減をするしかありません。
昨今では、人件費の増加もあるため非常に重い負担となっています。

108万円の人件費というのは、毎日7時間をオーナーと店長でレジをやっていることになります。
従業員さんをシフトに入れれるのは、2人で1日34時間まで1人当たり17時間しかシフトに組めないことになります。
9万円の赤字を解消させるためには、オーナーと店長は何時間 レジで働けばいいと思いますか?
単純に、人件費を99万円以下にするしかありません。
たった1時間、レジに入る時間を増やせばいいだけです。そう、たった1時間。
つまり、オーナー・店長がお互いにレジ、売場業務を8時間やるだけで赤字は解消できます。

さて、気が付いてください。
この勤務時間は、まだ売場業務しかしていません。
売場業務が終わってからやっと、経営としての仕事ができるようになります。

経営の仕事をして、1日何時間 働くのでしょうか?
365日、毎日10時間以上の労働でしょう。
で、オーナーの収入はいくらになったかと言えば
0円です。

1日10時間365日働いてもオーナーに収入はありません。

利益が欲しい

では、月収を得るためにはどうしたらいいか。
もっとレジをやるしかありません。
人件費をとにかく削減して、収入を得るしかありません。

月収いくら欲しいですか?20万円ですか? 11時間レジをやりましょう。
月収いくら欲しいですか?30万円ですか? 13時間レジをやりましょう。
月収いくら欲しいですか?40万円ですか? 15時間レジをやりましょう。

そして、そのあとに経営としての仕事も待っています。

私の知っているオーナーさんの中にも同じような状態の方はいました。
いつ家に帰っているのか分からない。いつ行っても、お店にいるオーナーさんという方もいます。

高日販店以外は地獄

高日販店以外が地獄となるのは、人件費にお金をかけられなくなるからです。
利益を上げるためには、確かに人件費以外の営業を削減することもできます。
ですが、殆どが固定費に近い支出となっているため削減効果は軽微となります。
売上が多ければ、営業費に使える余裕が出ます。
そして、人件費にもお金を回すことが出来るようになります。

低日販では、人件費にお金を回せないため従業員を雇えません。
余裕のある状態ではないので、ほぼお店にいる生活になります。

従業員の人数に余裕がないため、従業員が辞めた場合の穴埋めも他の従業員で補うことはできません。
結果、穴が開いたシフトにも経営者が入り更にレジを行う時間が増えます。

日販が低ければ、ゆとりのある生活を送ることはできません。
生活のすべてがお店になってしまうからです。
そして、ほとんどの時間を売場で過ごすこととなってしまいます。

現実はもっと厳しい

さきほど上げた52万円という日販。これは、まだ高い方です。
特に、オープンしたばかりのお店は日販を40万円を超えてこないケースが非常に多くなってきているそうです。
お店によっては、30万円以下というお店も増えてきているそうです。

そうなってくると、ますます営業費を、人件費を削減するしかなくなってきます。
そして、削減しても削減しても赤字解消にいっぱいいっぱいとなります。
働かなければ、赤字がでる。どれだけ働いても望んでいた収入は出ない。
毎日寝る間を惜しんで働き続けて初めて、最低限の収入を得ることができる。

低日販の結末

売上が上がっていけば解消されます。
ですが、すべてのお店で売上が向上することはありません。

そして、売上が低いままのお店に残された選択肢は多くありません。
お店を閉めるか、・・・・。

低日販のお店では、
最低限8時間以上は売場でレジ業務を行いその前後で経営の仕事をしなければなりません。
そして、収入を得るために更なるレジ業務・人件費削減を行っていかなければなりません。
どれだけの収入が必要か。それによって、レジ業務をしなければならない時間は変わってきます。

大学卒業と同時に一般企業に就職。
しかし、当時リーマンショックにより就職会社が困窮状態により給料未払いが発生。これにより退職。

そこから、コンビニ経営を開始することになる。3年を経過する頃には、年商3億円を達成することに成功。

その後、コンビニを廃業することとなる。

けにゃについて 詳しくはこちら

けにゃの気になる商品

Kindle Paperwhite マンガモデル、電子書籍リーダー、Wi-Fi 、32GB、ブラック、キャンペーン情報つきモデル
[プロエボ] スーツケース MAX 軽量 小型 フロントオープン 【W-Receipt】 前ポケット スクラッチ/シャンパン-横型 横型S(約31L)
BUNDOK(バンドック) ツーリング テント BDK-17 グリーン 収納ケース付 ドーム型 【1~2人用】
DOD(ディーオーディー) ライダーズバイクインテント 【ツーリング仕様】 ワンタッチ 大きな前室 1-2人用 T2-466
ライジングウェーブ オードトワレ フリー(サンセットピンク) 50mL
Travel Light ラウンジチェア アウトドア 折りたたみ メッシュ 枕付き ドリンクホルダー付き 収納バッグ付き ポータブルチェア
デイトナ(DAYTONA) グリップ PRO-GRIP #601 グレー/クロ 67300
ゆるキャン△ 6巻【Amazon.co.jp限定描き下ろし特典付】 (まんがタイムKRコミックス)