コンビニの未来

オーナーをやっていて。いつかコンビニはこうならないかなーと思っていたことがあります。

コンビニの未来は、オーナーの希望

コンビニがどうなって欲しいか。
それは、本部が考える以上にオーナーにだって希望はあります。
こうなって欲しい。
ここが変わって欲しい。
その中でも、私が特に思っていたことを、コンビニはこう変わって欲しい。こうなるだろう。
そんな、コンビニの未来を元オーナーとして書いてみます。

コンビニの未来

オーナーの希望であり願い。
兎に角、オーナーの今は過酷です。
システムを改善し商売を手広くするのもいいですが、
本部にはオーナーの待遇や労働環境の現実をとらえて改善してほしい物です。

24時間営業は終了

今の、コンビニの24時間営業は小さな店舗では支えられなくなりつつあると感じています。
コンビニの各時間帯、早朝・午前・昼間・夕方・深夜。
シフトは大まかにわけて5分割されます。

そして、各時間帯で、人が一番集まるのは午前です。
午前は、主婦の方々が多く働きに来てくれるので非常に助かる時間帯でもあります。
まだ夕方は学生さんの助けがあるので比較的シフトも埋まりやすいです。
しかし、これ以外の時間帯は正直、誰が働けるの?そんな時間帯です。

早朝:朝6時~9時
昼間:13時~17、18時
深夜:22時~翌朝6時

この時間帯はアルバイトを募集してもほとんど集まらない時間帯です。

つまり、この時間を最悪は経営者がフォローをするしかなくなります。
ですが、それはもう無理です。

人が足りません。
募集をしても、まったく集まらないなんてことは良くあることです。

私のお店では、従業員を常時20人前後になるように採用してました。
これが、一番うまくお店を回せるギリギリの下限だと思っています。

オーナー時代に、これからオーナーになる方と話をしたことがあります。
『 今、募集をかけているけど面接に来ない…。
  もう誰でもいいから採用してるけど5人ぐらいにしからならない。』
オーナーと本部と契約の関係上、開業日をずらすことはできませんでした。
そのため、5人で開業するしかないと嘆いていました。
とにかく開業してかも、求人活動を続けるしかない。
そう聞いていたお店さん。
気が付いたら閉店していました。

多くのお店が抱える問題の根本。
それは、スタッフの数であり・人件費だと思います。
そしてその皺避けはオーナーにかかり、最大のネックが深夜の営業へと繋がっていきます。

稀に、深夜をやってる方が気楽だよってオーナーもいますが
それは昼間にいないからです。

昼間こそ力を入れるべき時間帯。売上を上げる時間帯です。
深夜は、翌日の調整時間。
そこで負担が発生するようでは本末転倒。

そもそも、深夜帯として働きたい人は稼ぎたい人が基本です。
深夜帯で働ける枠は、2人×週7=14枠しかないことになります。

これを深夜の人で取り合う形になるため、募集で人が来たとしても多くは採用できません。

1人で枠を5個ぐらい使うと、3人ぐらいまでしか深夜は採用できません。
で、その1人が風邪で休めば・急遽退職することになれば?
理想は、週2の人を沢山深夜に入って貰えればもしもの時にも対応してもらえるでしょう。

ですが、現実は稼ぎたいから深夜に来る方ばかりです。
だからこそ、シフトにも沢山入りたい。
だから人を増やせない。

そして、もしもの時には大きな穴がシフトにあく。

そんな不安定さを抱えているのも深夜だと感じました。

無人販売(自動販売機)

24時間営業を、人が足りなくて営業を続けられない未来。
であるならば、24時間営業を続けるためには無人販売をするしかないというのも一つの未来です。

最近は、中国やAmazon(AmazonGO)で試験的に導入実験が進んでいるという話も聞きます。

無人販売が出来るなら、オーナーの負担ももっと楽になるはずです。
自分は、全部自動販売機スタイルでもいいんじゃないかと思っています。
店内にずらっと専用の自動販売機を並べて、お金を入れてボタンを押したら商品が出てくる。
似たようなのが、パンを買える自動販売機とかあるじゃないですか?
あれの発展型で、雑誌からお弁当から全てを自動販売機スタイルにすればいいと思います。
そしたら、オーナーも従業員も負担が大きく減りますし24時間も続けやすいと思います。

深夜は、誰もいなくてもいいんじゃないですか?
セコムとかと契約して、何かトラブルを検出したら対応してもらう。

否定的な本部

一度、本部社員にお店のシステムって変わらないんですか?と疑問を投げたことがあります。
その時は結局、否定的な意見しかでませんでした。

24時間営業は必須!

これは、本部のコスト削減にほかなりません。
深夜に配送業を多く集中させることでコストが削減できていると話を聞いたことがあります。
また、深夜には確かに多くのどうしても配送せざるを得ない雑誌などの納品もありました。
ただ、それらは変えればいいじゃんと思います。
深夜しか雑誌の納品がないなら、昼間に配送してもらえばいいじゃないですか。
雑誌の納品の為に、過酷な生活はつらいです。

深夜じゃないと清掃などの業務がしっかりできない。

清掃がメインなら、お店閉めればいいじゃないですか。
1時間あれば清掃と売場整理に使えば終わりますよ。
お客さんが来ることを気にしながら、売場を気にしながらじゃ進みません。

無人販売は売上が出ないから駄目。

無人販売を実験的に導入したことはあるけど、売上が出ないから駄目。
そもそも、売場と客を繋げるのは従業員。
その従業員を排しては成り立たない。

変われるのだろうか

今、本部は売上を上げることに力を注ぎすぎているのでは無いかと思います。
しかし、そのことで既存のオーナーが離れていっていないか。
私の知ってるお店もここ数年で、何店舗もいなくなりました。

逆に、新しいお店が増えたなぁという感じです。

新しいオーナーは実態を現実を知らない。

耐えれないオーナーは切り捨て、新しいオーナーを使いまわせばいい。
そんな空気を感じないでもないです。

売上を上げる行為もそうですが、もっとスピーディーに
オーナーの負担を解消する手段を本部からも、もっと・さらに・なお提案しなければ厳しいと思います。

ふと、当時 本部と色々とやりとりしたなーと思い出した今日この頃でした。

大学卒業と同時に一般企業に就職。
しかし、当時リーマンショックにより就職会社が困窮状態により給料未払いが発生。これにより退職。

そこから、コンビニ経営を開始することになる。3年を経過する頃には、年商3億円を達成することに成功。

その後、コンビニを廃業することとなる。

けにゃについて 詳しくはこちら

けにゃの気になる商品

Kindle Paperwhite マンガモデル、電子書籍リーダー、Wi-Fi 、32GB、ブラック、キャンペーン情報つきモデル
[プロエボ] スーツケース MAX 軽量 小型 フロントオープン 【W-Receipt】 前ポケット スクラッチ/シャンパン-横型 横型S(約31L)
BUNDOK(バンドック) ツーリング テント BDK-17 グリーン 収納ケース付 ドーム型 【1~2人用】
DOD(ディーオーディー) ライダーズバイクインテント 【ツーリング仕様】 ワンタッチ 大きな前室 1-2人用 T2-466
ライジングウェーブ オードトワレ フリー(サンセットピンク) 50mL
Travel Light ラウンジチェア アウトドア 折りたたみ メッシュ 枕付き ドリンクホルダー付き 収納バッグ付き ポータブルチェア
デイトナ(DAYTONA) グリップ PRO-GRIP #601 グレー/クロ 67300
ゆるキャン△ 6巻【Amazon.co.jp限定描き下ろし特典付】 (まんがタイムKRコミックス)