おにぎり100円セール実施中!!がっつり稼げるその秘密

おにぎり。コンビニには欠かせない商品です。
今では、定番化しているおにぎり100円セール。
いかにして売り上げをあげていくか。
経験則にてまとめました。

おにぎり100円セールとは

おにぎり100円セールとは、そのままにおにぎりが100円になるセールです。
一部の例外として、160円以上のは対象外となります。

実は寿司類も対象です

お寿司もセールの対象商品となっています。
しかし、対象外の商品もあるため分かりづらい側面もあります。

認知度を高めよう!!

おにぎり100円セール。
POPや飾りは、本部からの提供でたくさんあると思います。
ですが、あれだけでは足りません。
従業員さんの、積極的な声掛け。
これに勝る、認知度UPはありません!
どれだけ、店内に飾り付けをしてあっても
基本的に気が付いている人は少ないです。
雑誌を読んでる人が、お弁当の棚に飾られているおにぎり100円の飾り付けに気が付くでしょうか?
パスタを、パンを買いに来ている人が気が付くでしょうか。

セールは、セールがやっている事に気が付いてもらうことが重要です。
気が付いてもらい、お買い得なことを強調することができて初めて
セール実施中の売上増に繋げることができるのです!

どうやって売上を上げるのか

おにぎり100円セール。
どうやって売上を上げるのか。
簡単です。
①沢山売ること
②単価を上げること
この2つしかありません。

数を沢山売るには

おにぎり100円セール実施中は、かなりの販売数の増加を見込めます。普段の2倍も3倍も売ることのできるセールです。
売上を伸ばすには、つまり沢山の仕入をするしかないのです!
売場に無いものは絶対に売れません。
沢山仕入れて、売場にならべる
せっかく仕入れたのに、バックルームに在庫として保管してあっても意味がありません。
売場を広げて、おにぎりを展開できるように変更しましょう。
普段が2段程度であれば、倍以上に陳列できるだけの変更は必要です。
普段のスペースでは、普段相当のものしか並ばないし 目立たないのです。
いつも以上に売上を上げるためには、

売場拡大!在庫確保!
これを徹底して行いましょう。
そうすることで、販売数を確実に伸ばすことができます。

単価を上げるためには

おにぎり100円セール。
おにぎりが100円になったからと言って、お店のおにぎり1個当たり利益は変わりません。
セールで値引きされている分は、本部負担として処理されているからです。
120円のおにぎりなら、20円引きです。
この20円は、本部負担なので、お店としての売上は実質120円と変わりません。
つまり。
お店では、より高い商品を販売したほうがお得なのです。
そして、お客さんも安くて良いものが買えるのでお得です。

攻めるべきは高単価

おにぎりセールで攻めるべきは、定番のツナマヨではありません。

・とんこつラーメンご飯と半熟煮玉子おむすび
・直火で炙ったソーセージおむすび
・ふっくら仕上げた赤飯おこわおむすび

この3個を確実に攻めることで売上を増加させることができます。
普段は、少し高いおにぎり。
お客さんも、あまり買う機会が少なく売場にも少ししか並べられていません。
だからこそ!セールで、攻めた発注をすることで目新しさも出しつつ
せっかくだから、食べてみようという需要につながり購入してもらえるのです。
おにぎり100円セールをやっているのに、ツナマヨを攻めたところで
お店の売上を大幅に改善することには繋がりません。
確実な売上を上げる行為を徹底することが大切です。

寿司類は注意しよう

手巻き寿司の類も、おにぎり100円セールの対象商品ではあります。
ですが、『おにぎり』100円セールというように
イメージはおにぎりで定着してしまっています。
そのため、どうしても寿司類の売上は伸び悩んでいます。
売場でもしっかりと100円である事を必ずPRしましょう。
そして、手巻き寿司は発注をしたところで難点もあります。
陳列がしづらいという事です。
形状のせいで、積み上げたり・専用什器に入れたり。
しかし、取りづらい・見づらいになってしまえば売上は伸びません。
であれば、いっそおにぎりセールで確実な成果がでるまで

おにぎりセールで伸び悩むまでは、あえて売場にならべない!というのも
他のおにぎりの売上を上げる為と割り切っておこなうことも大事です。

廃棄は諦めよう

セール時に攻めた発注(大量の仕入)をすることにより、
廃棄は出るでしょう。
しかし、廃棄が出ることを嫌って発注を抑えれば
どんどんと売上は低下していきます。

売場で選べるから、商品は買って貰えます。
たとえ、ツナマヨを買うお客さんでも
ツナマヨしかなければ、「なんだ何もないじゃん」そう思って別の店に行くでしょう
いつ来ても、この店には何もない。そう思われたら御終いです。
『いつ来てもこの店なら商品があるよね』
そう思われる店づくりは大切です。

100個発注したら、90個売れました。10個の廃棄が出来ました。
次の発注では、廃棄が嫌だから90個にしよう。
確かに、これは廃棄が出なくなるでしょう。
ですが、90個は最大で90個しか売れなくなります。
そして、90個だった発注が80になり、70になり、60になり。
廃棄を嫌った発注を続けていけば、お店の売上は下り坂です。
発注は、常に増やしていかなければ売上は増やせません。

攻めた発注。攻めた売場作りを徹底することで
売上は向上させれるでしょう。

大学卒業と同時に一般企業に就職。
しかし、当時リーマンショックにより就職会社が困窮状態により給料未払いが発生。これにより退職。

そこから、コンビニ経営を開始することになる。3年を経過する頃には、年商3億円を達成することに成功。

その後、コンビニを廃業することとなる。

けにゃについて 詳しくはこちら

けにゃの気になる商品

Kindle Paperwhite マンガモデル、電子書籍リーダー、Wi-Fi 、32GB、ブラック、キャンペーン情報つきモデル
[プロエボ] スーツケース MAX 軽量 小型 フロントオープン 【W-Receipt】 前ポケット スクラッチ/シャンパン-横型 横型S(約31L)
BUNDOK(バンドック) ツーリング テント BDK-17 グリーン 収納ケース付 ドーム型 【1~2人用】
DOD(ディーオーディー) ライダーズバイクインテント 【ツーリング仕様】 ワンタッチ 大きな前室 1-2人用 T2-466
ライジングウェーブ オードトワレ フリー(サンセットピンク) 50mL
Travel Light ラウンジチェア アウトドア 折りたたみ メッシュ 枕付き ドリンクホルダー付き 収納バッグ付き ポータブルチェア
デイトナ(DAYTONA) グリップ PRO-GRIP #601 グレー/クロ 67300
ゆるキャン△ 6巻【Amazon.co.jp限定描き下ろし特典付】 (まんがタイムKRコミックス)