ドリルで穴開け!!NC700XにLEDフォグを装着!

前々から、フォグを取り付けたいと思っていました。
ただどれにしようかずっと悩んでいたのですが、今回取り付けるフォグを決めて購入!!
盆休みに入ったので取付を一気に行いました。

フォグの選定

フォグを取付るに当たり、バイクを購入してからずっと悩んでいました。
当初は、納品時に取り付けをしようとしたのですが純正品で3万円以上もすることが発覚。
正直、見た目だけの部品と考えているので高くて諦めていました。

それでも、なんとか取付をしたいと思いずっとamazonで調べていました。
そこで何個かピックアップしたりしつつ選定しました。

悩んだフォグ ①

スイッチもオプションでついていて、保護カバーなどもあるため、これ一つを買うだけで必要なものが全て揃うのでいいなと思っていました。
取付をするため、ステー(クランプ)もついているので簡単に取り付けができるので候補の一つでした。
お値段も、そこまで高いわけではないのが評価できるポイントです。

悩んだフォグ ②

非常に安価でとりあえず取付するなら、これで十分かなという思いはありました。
ただ、どう見てもチープな感じがして見た目重視で取付をするのにはどうかと考えていました。

取付したフォグ

最終的に悩んだ末に、こちらの製品を取付しました。
デイライト+フォグライトという事で見た目重視で取付するのには非常にマッチしていると思いました。
写真で見る限りには、割と大きい感じがしたのですがNC700Xに取り付けする分には問題がない大きさだと考えました。

丸いリング部分は、蒼く光
中央と左右が、白く発光します。

配線の仕方で、丸いリング部をデイライトに。
それ以外を、フォグランプとして使用しています。

スイッチの選定

スイッチが付いているモデルなら、問題はありません。
しかし、私が購入したものにはスイッチがついていないので購入する必要がありました。

安さが第一 汎用スイッチ

普段からついているタイプのスイッチ類と似ているので違和感はあまりないと思います。
後付感がでないというのも大事なポイントなので、値段が安い割には案外選択肢とありだと思います。

見た目が第一で選択したスイッチ

トグルタイプのこのスイッチを選択しました。
ハンドル周りにつけるのにあたってあまりデカいのは無いなぁと思っていたのでスレンダータイプのスイッチは選択肢として一番に考えました。

このスレンダータイプのスイッチには、色々あって

DAYTONA(デイトナ) スレンダースイッチ 【フラットシーソータイプ】 φ22.2/25.4対応 79339
DAYTONA(デイトナ) スレンダースイッチ 【ボタンシーソータイプ】 φ22.2/25.4対応 79338
デイトナ(DAYTONA) スレンダースイッチ 【スライドタイプ】 φ22.2/25.4対応 79341
DAYTONA(デイトナ) スレンダースイッチ 【トグルタイプ】 φ22.2/25.4対応 79340

フラットシーソー・ボタンシーソー・スライド・トグルとあります。
その中でも、グローブをしたまま操作がしやすそうなトグルタイプにしました。

取付作業

まず、何処に取り付けをするか。
エンジンガードが付いているので、そこになんとかして固定しようと考えました。

クランプタイプのステーがあるので、エンジンガードを挟むような形にして簡単に取り付けすることができます。
ただ、市販品で何かいいのあればそれでいいかなと思い買うのをやめました。

そのためには、まずどの位置に取り付けをするか。

≪下の方に取り付けた場合≫

≪上の方に取り付けた場合≫

眺めた結果、上の方にフォグを取付することに決定。

で、この作業をしてるときにふと思いました。

エンジンガードに穴開ければネジ一本で簡単に取り付けできそうだなと。
と思ったらやることはただ一つ。
GoGoGoGoGo!!!!!

せっかく穴を開ける位置をマーキングしたのに、ウインカーと干渉してドリルがうまく使えないから少し手前に穴を開けることに。

この時、M8.5の貫通穴を開けました。

開けた穴に、M8のネジを通して閉めたら固定完了

取付に使ったボルトやスプリングワッシャーなどは、付属品では使えないので雑貨屋に買い物に。
全部買っても数百円で済むのでお手軽です。
一応、緩んでくる可能性もあるのでしばらく走ってみて緩みを確認してみようと思います。

電源の取出し


既に、USBの充電用に電源を取り出すためにエーモン AODEA(オーディア) 低背ヒューズ電源 15Aヒューズ差替用 2047で線を取り出してあります。
そのため、これから分岐で電源を取るだけなので簡単でした。

ちなみに、ヒューズボックスからの電源取り出しには向きがあるので注意してください。

ヒューズを刺す時、極性はないのですが電気が来てる側が挿すところのどちらかに来ています。
その電気が来てる方に、電源取り出しの配線が来るようにしてください。
そうしないと、取り出したあとの電源の負荷もヒューズが抱えることになってしまうため、ヒューズが飛ぶ(焼き切れる)原因になります。
これは、テスターなどを使えば確かめることができます。

簡単な配線図を書いたので、こんな感じでやれば電源の取出しはできます。
配線が終わればハンドルの取り回しの邪魔にならないような位置に配線を結束してしまいましょう。

点灯テスト

最後に、点灯テストをします。

≪デイライトのみ≫
≪デイライト+フォグ≫

点灯テストでは特に問題ないので、あとは光軸の調整というか対向車が眩しくないかどうか離れてみたりして確認です。
なるべく下の方を照らすようにとりつけしたので、特に問題はありませんでした。

取付するときは、センタースタンドを利用していたので
実際に乗ってみると照射範囲が変わりましたが、むしろちょうどいい感じになったので良かったです。

かかった費用

フォグランプ ¥5,699
スイッチ   ¥3,045
ネジ類    ¥300
その他:在庫があったので特にお金はかからず。使った分も数百円程度
(結束バンド、裸圧着スリーブ、ビニールテープなど)

まとめ

作業には、なんだかんだで数時間かかってしまいました。
最近は暑いので、途中からぼーっと作業をしてしまうこともあり…。
良く見たら、結線するときに繋ぐ配線を間違えてLEDが光らないなんてこともありました。
最初は、もうぼーっとしてるから意味が分からなくて、どこか配線抜けたのかなぁと圧着を全部やり直して通電テストしたりもしてしまいました。

一回小休止をとってから、やり直せばすぐに見つかる間違いなので凡ミスも凡ミスでした。

完成してから眺めると、けっこういい見た目になったので、夜走るのも楽しみです。
振動で、取付した部品がゆるまないか心配なので少し走ってから緩みなどは確認してみます。

おまけ:LED

LEDには極性と呼ばれるものがあります。
電球などは、電気を通せば光るので特にプラスマイナスを気にすることなく接続することができます。
しかし、LEDにはプラスを繋ぐ端子とマイナスを繋ぐ端子とが分かれているので間違えないよう注意が必要です。
普通は、説明書などに書いてあるので気にする必要はないと思います。

過去に、LEDの球をマイコンボードに接続するときに端子の長さを先に揃えてしまって、極性が分からなくなるという悲しい失敗をしたことがあります・・・。
LED球の場合には、配線が長い方がプラス・短い方をマイナスとしてあるので切りそろえると分からなくなりますorz

大学卒業と同時に一般企業に就職。
しかし、当時リーマンショックにより就職会社が困窮状態により給料未払いが発生。これにより退職。

そこから、コンビニ経営を開始することになる。3年を経過する頃には、年商3億円を達成することに成功。

その後、コンビニを廃業することとなる。

けにゃについて 詳しくはこちら

けにゃの気になる商品

Kindle Paperwhite マンガモデル、電子書籍リーダー、Wi-Fi 、32GB、ブラック、キャンペーン情報つきモデル
[プロエボ] スーツケース MAX 軽量 小型 フロントオープン 【W-Receipt】 前ポケット スクラッチ/シャンパン-横型 横型S(約31L)
BUNDOK(バンドック) ツーリング テント BDK-17 グリーン 収納ケース付 ドーム型 【1~2人用】
DOD(ディーオーディー) ライダーズバイクインテント 【ツーリング仕様】 ワンタッチ 大きな前室 1-2人用 T2-466
ライジングウェーブ オードトワレ フリー(サンセットピンク) 50mL
Travel Light ラウンジチェア アウトドア 折りたたみ メッシュ 枕付き ドリンクホルダー付き 収納バッグ付き ポータブルチェア
デイトナ(DAYTONA) グリップ PRO-GRIP #601 グレー/クロ 67300
ゆるキャン△ 6巻【Amazon.co.jp限定描き下ろし特典付】 (まんがタイムKRコミックス)