マル秘!開業2か月目 コンビニの売上!

開業して1か月目の頃は、営業日数の関係から正確な売上を掴むことはできません。
そこで、2カ月目!営業日数もフルに発生するので売上を把握することができるようになります。

損益計算書

端数を切り捨てするなどしているため、合計値などは多少異なります。

 

1.売上
商品売上高 17,230,000
空き容器売上高
その他営業収入 227,000
合計 17,460,000
2.売上原価
月初商品棚卸高
当月商品仕入高 5,100,000
月末商品棚卸高 13,800,000
仕入値引高 35,000
不良品原価 770,000
純売上原価 12,350,000
3.売上総利益 5,107,000
4.本部チャージ 2,980,000
5.総収入 2,120,000
営業費
給料 1,256,000
法定福利費
棚卸増減費 16,000
消耗品費 123,000
電話料
水道光熱費
保守修繕費
清掃費
現金過不足 15,000
事務手数料 -103,000
不良品費(廃棄) 768,000
不良品費(本部負担) -115,000
支払利息 29,000
印紙税 -1,000
雑費 37,000
その他非課税雑費 25,000
営業費合計 2,049,000

オープン2ヶ月目ということで、営業日数は最大となるため
正確な売上が出ています。

この月の利益は、
2,120,000 - 2,049,000 = 71,000で確定となります。

オープン2ヶ月目の解説

開業して2ヶ月目。
この月も、利益は7万円しかありませんでした。
売上は、先月が400万円程度だったところから1千700万と大幅に増加しています。
増加率400%を超える大幅な売上増です。

しかし、それに対して利益は8万円だったところが7万円までダウンしています。

これは、原因として一つ 従業員さんの給料の支払いが起きたというのが原因としてあります。
先月の従業員給与の支払いは発生せず、今月から従業員給与が発生しています。
そのため、先月は従業員給与なしで利益が8万円であるため、実際には給与支払いが発生していれば当然8万円よりも利益は少なかったのです。

赤字

開業してから2か月。
利益確定が10万円以下という状況では生活をすることができません。
そのため、開業月に自己資本としてプールしてある貯金に手を出す形となります。
既に2か月経過時点で40万円程度をプール金から捻出しているため、この状況が後数か月続くとプール金が消失。
結果として、倒産orプール金(自己資本金)を何処かから捻出しなければならなくなります。

オープン2か月目の日販

単純に商品売上高である、『17,230,000』を営業日数で割ることで計算できます。
日販は、556,000円という形になります。

当時も含めて、現状もそうなのですがオープン直後のお店としては非常に高く良い数値を出せていると本部からも言われました。
とはいえ、この良い数値でも日販は55万円。
よくコンビニの平均日販と言われている数値には全く届いていないというのは現実です。

今後の計画

売上ベースで考えると非常に数値が良いため、更に売上を伸ばすために色々な対策を取り組む。
また、通常販促以外にもセールやフェア・祭事品などを活用して売上を伸ばす計画を立てた。
しかし、どうやってもすぐに成果がでるものではない。利益を早急に出さなければお店の自己資本金はなくなるため早急に成果がでる手段を講じるしかない。
結果として、従業員のシフトを削減しオーナー・店長のシフトを増加することで対策をしていく方針を決める。
とはいえ、採用した従業員のシフトを削減することもすぐに出来ることではないため、自己資本の猶予を見ながら対策をしていくことにした。
従業員の給料を減らすことが、お店の直近での利益を増やす簡単な手段であるため可能な限り早急な対応が必要と考えたため。

まとめ

開業2ヶ月目でおおよそ、お店の現実が見えてきた。
売上そのものは、他のお店と比較しても高い状態であった。
しかし、高いとはいってもコンビニの平均日販と言われている数値には届いていないため更に売上を伸ばす必要があった。
また利益が大幅に足りないため、経営者がレジに入ることがほぼ確定した。
今月は、120万円程度の人件費を使ったがまず実験的・段階的に100万円台に抑えることを検討する必要が出てきた。

日販が60万以下の場合には、実際人件費を100万円も使うことができません。
そのため、どこに従業員さんを入れるか。経営者がどこをシフトで補うのか。
それらを考えて今後の経営を行っていく必要がでてきます。

あくまでも、売上をあげるのは利益を出すためです。
せっかく経営者をやっているのに、スズメの涙のような利益では厳しいです。
しっかりとした利益を出すために、今後は更なる対策を行っていく必要が出てきます。

大学卒業と同時に一般企業に就職。
しかし、当時リーマンショックにより就職会社が困窮状態により給料未払いが発生。これにより退職。

そこから、コンビニ経営を開始することになる。3年を経過する頃には、年商3億円を達成することに成功。

その後、コンビニを廃業することとなる。

けにゃについて 詳しくはこちら

けにゃの気になる商品

レデッカー(Redecker) ファイヤーブロアー(火吹き筒)/60cm
ONE STE 斧 キャンプ 薪割り 手斧 アウトドア用 鉈 枝打ち 大工斧 万能斧 小型薪割り斧 薪ストーブ 釣り 山歩き 保護ケース付き 耐切創手袋付き 焚き火台 39cm (黒色斧)
AEGISMAX コンプレッションバッグ ウルトライトコンプレッションサック 携帯スタッフサック 旅行スタッフバッグ 寝袋用圧縮バッグ6L/10L/14L/20L/30L (XL(30L))
STANLEY(スタンレー) クーラーボックス 15.1L グリーン 保冷 頑丈 アウトドア キャンプ 釣り レジャー 保証 01623-004 (日本正規品)
DOD(ディーオーディー) ファイヤーベース ポリコットン 大型 シェルター 脱着可能 ポリエステル フロア 付属 T8-524-BK T8-524-BK
Licheers スマホ スタンド iPhone スタンド 収納袋付き 角度調整可能 携帯スタンド 折りたたみ iPhone 11 Pro XS XS Max XR X 8 plus 7 7plus 6 6s 6plus, Sony Xperia, Nexus, androidなどの4-8インチデバイスに対応(ブラック)
デイトナ(DAYTONA) グリップ PRO-GRIP #601 グレー/クロ 67300
令和最新版 ドライブレコーダー 前後カメラ 【最新 32Gカード付き】 1080PフルHD 1800万画素 デュアルドライブレコーダー 170°広視野角 ドラレコ SONYセンサー/レンズ 常時録画 衝撃録画 高速起動 G-sensor WDR (ブラック)